マイル修行研究

マイル修行を研究してSFC/JGCを目指すブログです

三井住友VISAカードのマイ・ペイすリボ臨時増額を忘れた話

f:id:flightmile:20171018191856j:plain

陸マイラー、特にANAマイルを貯めている方にはおなじみのANA VISAカード。私も持っていて、毎月ある程度の金額を決済しているのですが、今月の支払い分のマイ・ペイすリボ臨時増額をすっかり忘れていたことに気づきました。
せっかくなので備忘録的な意味合いも込めて、増額を忘れた時の対処法をまとめてみました。

マイ・ペイすリボとは?

マイ・ペイすリボとは、三井住友VISAカードが提供しているリボ払いのサービスです。1回払いの利用分が自動的にリボ払いになるという支払い方法で、予め指定した最低支払金額を毎月支払うということになります。
この毎月の支払金額は、任意に増額あるいは減額が可能です。

そもそもなぜリボ払いにするのか?

リボ払いにすると、当然手数料がかかります。本来毎月の支払いに余裕があるのであれば、リボ払いにする必要はありません。
しかし、敢えて手数料を払ってでもリボ払いにする理由は、大きく分けると2つあります。

カード年会費が安くなる

三井住友VISAカードの場合、マイ・ペイすリボを利用するとカード年会費が無料または半額になります。

三井住友VISAカード
バーチャルカード
無料
ゴールドカード
プライムゴールドカード
ヤングゴールドカード
エグゼクティブカード
半額

ポイントが増える

リボ払いの手数料が発生すると、三井住友VISAカードカードのワールドプレゼントのポイントが2倍になります。
陸マイラー界隈では、「ANA VISAワイドゴールドカードの還元率が最大1.72%」というのが定着していると思いますが、その還元率を実現するのがこのマイ・ペイすリボになります。
ここで2倍となったときに獲得したワールドプレゼントのポイントは「ボーナスポイント」となり、PEX経由でソラチカルートに乗せるというのが王道パターンです。

マイ・ペイすリボの臨時増額(もしくは減額)

前述の通り、ポイントを2倍にするためには「リボ払いの手数料が発生する」ことが条件です。この手数料は1円でも発生していればいいのですが、そのためにはリボ払いの対象となる残高が毎月残っている必要があります。
このため、

予め設定する毎月の最低支払金額を低めに設定しておく

毎月の支払金額が確定したら、支払金額を臨時増額(仮に確定した支払金額が最低支払金額を下回った場合は、臨時減額)の手続きをする。

という作業が必要です。

臨時増額の申込期限

臨時増額を申し込む場合、登録している金融機関及びカードの支払日によって、期限が違っています(下図参照)。

f:id:flightmile:20171005234641p:plain私の場合、支払日が10日で、三菱東京UFJ銀行が支払口座のため、支払日の4営業日前が申込期限となります。
2017年10月10日支払いの場合、10月2日が期限ということですね。
臨時増額を忘れていたことに気づいたのが10月5日。完全に期限を過ぎています。

マイ・ペイすリボの臨時増額を期日までにできなかったときの対処法

上記の臨時増額/減額の期日に間に合わなかった場合にも、三井住友VISAカードでは2つの臨時支払い方法を用意しています。

銀行振込

指定された口座に銀行振込をすることで、リボ払い残高を支払うことが可能です。ネットバンキングなどを使えば、時間や場所にとらわれずに入金可能ですが、振込手数料がかかります。

ATM支払い

提携金融機関やコンビニのATMで支払いをすることが可能です。この場合手数料はかかりませんが、当然現金を入金する必要があります。

私の場合、支払金額が数十万だったことと、銀行に行く時間もあまりなさそうだったので、とりあえず振込手数料がかかっても多額の金利を払うよりはマシと考え、銀行振込で支払いをすることにしました。

 銀行振込による臨時支払いの方法

まずVpassからリボ払いの臨時のお支払い方法のページに行き、「お振込みによる臨時のお支払い」という項目から申込をします。

f:id:flightmile:20171006000324p:plainそうすると、振込日を指定する画面に遷移するので、振込をする日をここで指定します。

f:id:flightmile:20171006000541p:plain振込する日を指定して次へ進むと、現在のご利用内容として、先に指定した振込日と、支払い可能額が表示されます。

f:id:flightmile:20171006000701p:plainこれを確認し、「一部を支払う」を選び、実際に支払う金額を入力します。
先述の通りリボ払い手数料を発生させるため、ギリギリの金額を残すように支払い金額を調整します(実際支払い金額は千円単位なので、一部を支払う場合にピッタリ1円の手数料分が発生する残高を残せるというケースは極めて少ないと思います)。
あとは手続きを進めていけば、申込は完了となり、振込先口座が書かれた画面が表示されます。

f:id:flightmile:20171006001024p:plain振込先を確認したら、あとは銀行からその口座に先に指定した金額を振り込むだけです。

Vpassへの反映

上記手続きをしても、Vpass上の「お支払金額」には反映されません。
きちんと処理されているのか不安になったため、電話で確認したところちゃんと支払いは処理されており、次回支払い確定時に今回の臨時支払い分が反映された状態でVpassには表示されるとのことでした。

来月からは忘れないように気をつけようっと。