読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイル修行研究

マイル修行を研究してSFCを目指すブログです

スターウッド・プリファード・ゲスト・アメリカン・エキスプレス・カード(SPG AMEX)がモバトクで1万円分ポイント

マイル修行の情報を集めているとしばしば出てくる「スターウッド・プリファード・ゲスト・アメリカン・エキスプレス・カード」、通称「SPGアメックス」カード。
年会費が31,000円と高いながら、陸マイラーの間では非常に評判が高いようです。

そんなSPGアメックスカードですが、なかなかポイントサイトでの高額ポイントが出ていなかったのですが、本記事執筆中の2017年4月5日現在、モバトクで1万円分のポイントがついていることを発見しました。

f:id:flightmile:20170405232918p:plain

SPGアメックスの魅力

SPGアメックスのアメックスの魅力アメックスの魅力は主に以下の3つが大きいと思います。

無料宿泊

入会から1年後という条件はあるものの、無料宿泊特典がもらえます。これは基本的に2年目以降毎年もらえるものとなります。
スターウッド系列のカテゴリー1~6のホテル宿泊に使えるのですが、最近このカテゴリの変更があり、日本では無料で宿泊できる施設が減ってしまいました。
現在日本で無料宿泊の対象となるホテルとそのカテゴリーは以下です。

以前はザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町もカテゴリー6だったのですが、2017年3月に7に変更となりました。それでも国内のホテルは大体網羅していると言えます。

また、この無料宿泊特典は除外日が無いので、GWや年末年始など繁忙期であっても空室さえあれば宿泊可能です。したがって、カテゴリー5や6の高級ホテルに繁忙期に宿泊すると、よりお得度が増します。
場合によっては1泊10万円近くするケースもあるようなので、これだけで年会費は簡単に元が取れると言って良いでしょう。
勿論国内だけではなく、海外のスターウッド系ホテルにも宿泊可能です。

SPGゴールド会員

SPGアメックスを持っていると、SPGゴールド会員の資格を得ることができます。
通常は年間10滞在もしくは25泊以上しないともらえない会員資格を、宿泊実績ナシでももらえてしまうというお得な制度です。
SPGゴールド会員の主なメリットとしては

  • 部屋のアップグレード(空室がある場合)
  • 16時までのレイトチェックアウト
  • 1滞在毎に250ボーナススターポイント、無料インターネットアクセス、ウェルカムドリンクのいずれか
  • 支払い1USD毎に3ポイント
  • 客室にボトルウォーター

部屋のアップグレードとレイトチェックアウトとは滞在特典としては非常に嬉しいですね。3つ目に関しては特に国内であればポイントをもらうのが良いかと思います。

ちなみにこれらの特典についてはSPG公式サイトから予約する必要があります。楽天トラベルやじゃらんなどの他サイトからの予約は対象とならない場合があります。
公式サイトの場合、他サイトよりも高くなっているケースもありますが、SPGにはベストレートギャランティ制度があり、公式サイトから予約後24時間以内に公式サイトよりも安いサイトを発見した場合、申告すれば補償を受けることが可能です。

マリオットとリッツ・カールトンのゴールド会員にもなれる

SPGゴールド会員になると、ステータスマッチをすればマリオットとリッツ・カールトンのゴールド会員にもなれてしまいます。
両ホテルともそれぞれSPGゴールド会員同様の特典があるため、おトクですね。

スターポイント

SPGアメックスでは決済100円につき1スターポイントが付与されます。還元率だけでいうと1%ということで、他にも良い条件のカードはいくらでもあります。
ただ、このスターポイントはSPGホテルの宿泊や客室アップグレード等に使うことができるため、1ポイントの価値がグッと上がる場合があります。
ホテルカテゴリー毎に宿泊に必要なスターポイントは異なるのですが、ある程度カテゴリーの高いホテルを繁忙期にスターポイントを使って宿泊すると、1ポイントの価値が3円を超えることも多々あります。

また、陸マイラーとしてはマイルへの交換比率も気なるところです。
スターポイントは30社以上の航空会社のマイレージに交換可能で、ほとんどが1:1の交換比率なのですが、一度に20,000スターポイントをマイルに交換すると、5,000ポイントがプレゼントされます。すなわち、マイル還元率1.25%です。
マイル交換手数料が不要なのも嬉しいポイントです。

まとめ

以上、SPGアメックスのポイントを簡単にまとめてきました。
今までポイントサイト系ではほとんど高単価ではなかったようで、既存会員からの紹介により7,000ポイントをもらう、というのが定番の発行方法だったようですが、今のところモバトクで10,000円分のポイントが付与されますので、モバトク経由がお得な状態となっています。ご検討中の方はモバトクからお申込みするのが良いと思います。

ポンパレモールの4周年祭でポイントを更に増やしてマイル修行に活用する方法

f:id:flightmile:20170304110240p:plain

2017年3月3日の正午から、「ポンパレモール4周年祭」として、全商品14%以上ポイント還元という大セールを行っています。

ポイントが56.3%にまでなる!?

全商品14%以上のポイント還元と前述しましたが、まずこの内訳は以下の通りです。
Pontaポイント:3%以上
ポンパレモール限定ポイント:11%以上
ポンパレモール限定ポイント」とは、その名の通りポンパレモールでしか使えないポイントとなります。

ポンパレモール - FAQ - ポンパレモール限定ポイントとは?


商品によっては合計31%のポンパレモール限定ポイントバックという驚異的な設定をしているものもあるため、普通にお買い物するにも充分良い条件だと思います。
一方、マイル修行の観点から言うと、このポンパレモール限定ポイントはマイルに交換することができないため、あまり意味が無いと思うかもしれません。但し、Pontaポイントが最大20%と設定しているものなどもあるので、欲しいものがある方は一度ポンパレモールで検索してみることをオススメします。

ポイントを上乗せする方法

見出しで最大56.3%と書きましたが、そうなるケースは以下の場合です。
Pontaポイント:20%
ポンパレモール限定ポイント:31%
Club Panasonicコイン:5.3%


重要なのは3つ目の「Club Panasonicコイン」です。実は現在Club Panasonic経由でポンパレモールでお買い物をすると、通常0.7%のコインが、5.3%もらえるキャンペーンを行っています。

f:id:flightmile:20170304103103p:plain

これはどのポイントサイトよりも圧倒的にお得な設定となっています。

f:id:flightmile:20170304103334p:plain

CLUB Panasonicとは

CLUB Panasonicとは、その名の通りPanasonicが運営するポイントサイトで、Panasonicの愛用商品を登録したりすることでもらえる「エンジョイポイント」と、サービスやお買い物の利用に応じてもらえる「CLUB Panasonicコイン」の2つのポイントがあります。
マイル修行的には後者のCLUB Panasonicコインが重要で、これは他のポイントやマイルに交換することが可能です。

f:id:flightmile:20170304103748p:plain
2017年3月31日まではANAJALのマイルに50%の割合で交換することができます。特にJGCマイル修行においては、基本的に各ポイントからの交換比率が50%となるため、他のポイントと同水準で交換が可能です。
また、4月移行に直接の交換比率が下がった場合は、交換先にGポイントやネットマイルがあるので、通称「ソラチカルート」で交換が可能です。
ちなみにネットマイルではCLUB Panasonicコインからネットマイルに初めて交換した方全員に200mileをプレゼントするキャンペーンを2017年3月31日まで実施中のようです。

www.netmile.co.jp

Pontaポイント

 PontaポイントはJALマイルとの相性が良いポイントです。JALマイルとの交換は勿論、JAL便に乗るとPontaポイントが貯まるというキャンペーンが結構頻繁に開催されています。

JALマイレージバンク - JALとPontaでこんなにおトク!

この記事を書いている2017年3月4日現在、以下のキャンペーンが行われています。

f:id:flightmile:20170304105751p:plain

JAL便に乗って、マイルもPontaポインも貯めることで、JGC修行がはかどることでしょう。

まとめ

今回のポンパレモール4周年祭では、安く買い物ができて、SFCJGCともに有意義なポイントをお得に獲得する方法がありますので、是非活用してみてください。

マイル修行とは

f:id:flightmile:20170219111159j:plain

今年から始めた「マイル修行」。そもそもマイル修行とは何なのかを改めてまとめました。

マイル修行とは

まずマイル修行とは、ANAJALなどの航空会社の上級会員ステータスを取得することを目指すために行う一連の行動を言います。頻繁に飛行機に乗る人のために、色々な特典が付く会員資格を各航空会社が用意しています。

ANAの場合

「プレミアムメンバーサービス」という名称で、ブロンズ、プラチナ、ダイヤモンドの3種類のステータスがあります。

www.ana.co.jp

JALの場合

JALマイレージバンク」という名称で、クリスタル、サファイア、ダイヤモンドの3種類のステータスがあります。

JALマイレージバンク - サービスステイタス一覧:サービス一覧

なぜ「修行」なのか?

上記のような上級会員ステータスを取得するためには、各航空会社が定めるポイントを貯める必要があるのですが、そのポイントが1年間でリセットされるため1年で必要なポイントを貯めるために、日帰りで海外に行くなどのかなり無茶な日程で飛行機に乗る人が多いため、俗に「修行」と言われるのです。

上級会員になるメリット

航空会社の上級会員になると、様々なメリットがあります。

  • 専用のサービスデスク利用
  • ラウンジの利用(カードラウンジとは別の、航空会社毎のラウンジが利用できます)
  • 座席のアップグレード
  • 予約の先行受付
  • 空席待ちの優先予約
  • 優先チェックインカウンターの利用
  • 手荷物受取の優先
  • 手荷物許容量の優待
  • 専用保安検査場の利用
  • 優先搭乗
  • ボーナスマイル

上記は一例ですが、通常会員にはない様々な特典が付与されます。この他にも航空会社やステータス別に独自の会員特典があります。

上級会員ステータスを得る条件

 ANAJALの上級会員ステータスを取得するには、各航空会社が設定するポイントを貯める必要があります。

ANAの場合

ANAでは「プレミアムポイント」というポイントを貯めます。

www.ana.co.jp

ANAグループ運航便や、ANAが加盟するグループであるスターアライアンスに加盟している航空会社(ユナイテッド航空シンガポール航空など)の便に搭乗すると付与される、マイルとは別のポイントです。年間のプレミアムポイント獲得数に応じて、以下のようにステータスがもらえます。

  • ブロンズ:年間30,000ポイント(うちANAグループ利用15,000ポイント)
  • プラチナ:年間50,000ポイント(うちANAグループ利用25,000ポイント)
  • ダイヤモンド:年間100,000ポイント(うちANAグループ利用50,000ポイント)

JALの場合

JALでは「FLY ONポイント」というポイントを貯めます。

JALマイレージバンク - FLY ON プログラムとは

 

JALグループ運航便や、JALが加盟するグループであるワンワールドに加盟している航空会社(アメリカン航空カンタス航空など)の便に搭乗すると付与される、マイルとは別のポイントです。年間のFLY ONポイント獲得数に応じて、以下のようにステータスがもらえます。

  • クリスタル:年間30,000ポイント(うちJALグループ利用15,000ポイント)
  • サファイア年間50,000ポイント(うちJALグループ利用25,000ポイント)
  • ダイヤモンド:年間100,000ポイント(うちJALグループ利用50,000ポイント)

 このように、ANAJALで基本的に同じような条件となっています。ポイントの換算方法も同様で、「フライトマイル×路線毎に設定される倍率×搭乗ポイント」となっています。

上級会員ステータスのハードルの高さ

各航空会社の上級会員になるためのハードルはなかなかの高さです。

ポイント数

各社最低でも30,000ポイント貯める必要がありますが、これがどれぐらいのハードルの高さなのかをANAを例に見てみます。
例えば羽田-那覇間を通常運賃で登場した場合に得られるプレミアムポイントは2,368ポイントです。

f:id:flightmile:20170218171935p:plain

単純計算で、30,000ポイント貯めるには13回、50,000ポイント貯めるには22回、100,000ポイント貯めるには43回という搭乗回数が必要になります。
2017年2月22日の羽田-那覇間の片道通常運賃は¥46,090です。

f:id:flightmile:20170218172409p:plain

もしこの運賃で各ポイントを貯めようと思うと、最低でも¥599,170から最高で¥1,981,870必要となります。
出張が多い人でもない限り、この金額を使ってプレミアムポイントを貯められる人はそうそういないでしょう。

期間

この上級会員ステータスは実は期間が限られています。毎年1月~12月に獲得したポイント数に応じて翌年度(4月~3月)のステータスが決まり、その1年間だけ当該ステータスのメリットを享受できます。その年に貯めたポイントは次の年に持ち越すことはできないため1年間で貯め切らなければなりません。

上級会員ステータスを永久に維持する方法

上述の通り、上級会員ステータスを毎年得ようと思うと毎年ポイントを貯める必要があり、かなりの金額及び時間・労力が必要になります。では巷のマイル修行僧の方々が毎年毎年ポイントを貯めているのかというと、そういうわけではありません。

カードの取得

実はANAJALともに上級会員ステータスを永久に維持できる特典がついたクレジットカードを発行しています。このカードを持っていると、上級会員ステータスとほぼ同じ特典を享受できるのです。

ANAの場合

ANAは「スーパーフライヤーズカード」というカードを発行しています

www.ana.co.jp

ダイヤモンドもしくはプラチナサービスメンバーのみが申込できるカードとなります。
「スーパーフライヤーズカード(Super Flyers Card)」の頭文字を取って「SFC」と呼び、このカードを取得するためにANAマイル修行のことを「SFC修行」と呼ばれることもあります。

JALの場合

JALは「JALグローバルクラブカード」というカードを発行しています。

JALマイレージバンク - JALグローバルクラブ

サファイアもしくはクリスタルの人のみが申込できるカードとなります。

JALグローバルクラブカード(JAL Global Club)」の頭文字を取って「JGC」と呼び、このカードを取得するためにJALマイル修行のことを「JGC修行」と呼ばれることもあります。

各カードとも年会費はかかりますが、このカードを持っている限りはラウンジ利用や座席アップグレードなどの特典をずっと利用し続けることができます。
したがって、基本的にマイル修行とはこのどちらか(あるいは両方)のカードを取得することを目指すもので、このカードを取得してマイル修行を終えることを「解脱」と呼びます。

マイル修行の一般的な方法

マイル修行とは即ちSFCもしくはJGCカードを取得することだと書きました。但し、結局両方とも最低でも50,000ポイントが必要なため、このポイント取得には必ず「飛行機に乗る」ということが必要になり、これは必ずコストがかかります。
この「飛行機に乗る」というコストをできるだけ抑えるためにマイル修行僧が行う一般的な方法が以下の方法です。

クレジットカード決済

通常飛行機に乗ることで得られる「マイル」ですが、クレジットカードによっては決済金額に応じて直接もらえるマイルがあります。あるいはマイルそのものではなくポイントをもらえるカードもあるので、そのポイントをマイルに交換して航空券の購入にあてるという方法です。
日常の生活費をできるだけカード決済にしたり、経費の立替などでカード決済をすることでマイルやポイントを貯めますが、平均的に決済額の1%がマイルやポイントとして付与されるため、クレジットカード決済だけでマイル修行に必要なコストを捻出しようと思うと、かなりの金額を決済しないといけないのであまり現実的ではありません。

ポイントサイトを利用してマイルを獲得

上述の通りカード決済はハードルが高いため、マイル修行に大きく貢献するのが巷にあるポイントサイトです。
「クレジットカード発行」や「買い物」などの条件をクリアすることでポイントがもらえ、そのポイントを最終的にマイルに交換することができます。

代表的なポイントサイト

  • ちょびリッチ
    サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
    特にクレジットカード発行などに強みのあるポイントサイトです。
  • ハピタス
    日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
    「みんなでポイント」というポイントアップのチャンスが魅力的なポイントサイトです。 
  • モバトク
    名前的にはモバイルサイトのようですが、PCでも使えます。同じ案件でも一番高還元だったりするケースが多い場合もあり、見逃せないサイトです。

通称「ソラチカルート」

上記のようなカード決済やポイントサイトで貯めたポイントを効率的にマイルに交換するために欠かせないのが通称「ソラチカルート」です。
これは基本的にANAマイルへの交換を念頭に置いており、SFC修行をする人が多いのもこのソラチカルートを利用してANAマイルに交換することが効率が良いためです。
ソラチカルートとは、ANA To Me CARD PASMO JCBカード、通称「ソラチカカード」というクレジットカードを持つことで、東京メトロが展開するポイント制度の「メトロポイント」からマイルに交換するという方法です。
なぜメトロポイントなのかというと、ANAマイルへの交換比率が90%と他の交換方法に比べて高いからです。
例えばTポイントや楽天ポイントANAマイルに交換すると、50%の交換比率になってしまうので、効率が悪くなってしまいます。

ソラチカルートの欠点

ANAマイルへの交換比率が良いソラチカルートですが、唯一の欠点は「月間上限20,000ポイントまでしか交換できない」という点です。ANAマイルへの交換比率が90%なので、マイルにすると18,000マイルということになります。
マイル関連のブログで「年間216,000マイル貯める」というような表記がよくあるのはこのためで、ソラチカルートを利用して貯めることのできる年間のマイル数は「18,000×12ヶ月=216,000マイル」ということになるからです。

マイルをSKYコインに交換

このように貯めてきたマイルは、「SKYコイン」に交換します。つまり、各種ポイントサイトのポイント→メトロポイント→ANAマイル→SKYコインという流れです。

SKYコインとは?

SKYコインとはANAの航空券や旅行商品の支払いに使えるポイントのようなもので、1コイン=1円として利用できます。
マイルとの違いは以下の通りです。

www.ana.co.jp

ANAマイルから交換する場合、最大1.7倍の交換比率で交換が可能です。

f:id:flightmile:20170219104825p:plain

なぜSKYコインに交換するのか?

単に飛行機に乗るだけであれば、マイル自体を使って「特典航空券」と交換して乗ることも可能です。また、路線次第ではこの特典航空券を利用した方が大幅にお得になることも多々あります。
ではなぜ敢えてSKYコインに交換するのかというと、プレミアムポイント積算の対象となるのは有償で搭乗した場合に限られるからです。特典航空券での搭乗はプレミアムポイント積算の対象とはならないため、マイル修行においてはポイントをSKYコインに交換して、そのSKYコインで航空券を購入することでプレミアムポイントを貯めていくことになります。

以上が基本的なマイル修行の方法になります。
あとは如何に効率よくプレミアムポイントを貯めるかという観点で、決済に使うクレジットカードを変えたり、株主優待を使ったりなど色々な方法がありますが、基本の流れは変わりません。
飛行機に乗る時間さえ作れれば、誰でもSFC取得が可能です。後はこれらの制度が改悪されないことを願うばかりです。